いきいき広場各職場のリレートーク

2020.11.7 介護福祉士 先輩メッセージ(出身学校:仙台大学健康福祉学科)
坂総合病院3階回復期リハビリテーション病棟

こんにちは。

私は塩釜市にある坂総合病院の回復期リハビリテーション病棟で病棟主任をしています介護福祉士です。ちなみに仙台大学健康福祉学科2005年度卒業生です。

現在、病棟には4名の介護福祉士が働いています。

主に脳疾患や特定の整形疾患を患った方が入院しており、自宅退院や復職などそれぞれの目標を達成するために毎日リハビリに奮闘しています。

その方々のサポートをするのが私たちの仕事です。
坂総合病院3階回復期リハビリテーション病棟
資格の違いはあるが、患者への向き合い方は一緒

ご存知のように、職種間の違いで「できること」に違いはありますが、患者さんへの向き合い方は一緒です。

看護師だから・・・介護福祉士だから・・・というのは基本なくて、1人の病棟スタッフとして患者さんに携わっています。

医師を含めた他職種との連携・各種カンファレンスなど。

もちろん「介護福祉士としての強み」を発揮できるレクレーションもあります。

資格の違いはあるが、患者への向き合い方は一緒
病棟で働くことの魅力

私的な意見ですが、病院が勤め先だと介護に関することだけでなく、医療・リハビリなどについての知識も養えると思います。

私として、この点に大きな魅力を感じています。

最初は、情報量の多さ、知らないことの多さに面食らうと思いますが、やりがいのある職場だと思います。


病棟で働くことの魅力
「介護福祉士として病院に勤める」という選択肢

私が就職した当時も現在も、「介護福祉士として病院に勤める」という選択肢は少ないです。

しかし、ぜひとも選択肢に入れていただきたいと思います。

まずはご自身で「病院・介護福祉士・回復期リハビリテーション病棟」を検索して情報を得てください。

コロナ禍において、学生生活はもちろん就職活動にも制限があると思いますが、自ら情報を取りに動くことは非常に大切です。

興味があれば連絡ください。何らかの形で協力できるはずです。

スタッフ一同お待ちしています。
「介護福祉士として病院に勤める」という選択肢
2020.9.30 先輩ナースからメッセージ♪(出身看護学校:仙台徳洲看護専門学...
◇現在の仕事の内容◇
坂総合病院救急病棟勤務です。

主に救急室、処置室、救急病棟の3つの役割を担っています。

救急室では、救急隊からの要請を受け、受け入れし検査等の診療の介助を行い一般病棟への申し送りをします。

処置室では、定期受診患者の採血や救急外来受診患者のトリアージ、診療の補助を行います。

救急病棟では、夜間に入院した患者様の看護を行い、朝には一般病棟への申し送り・移動を行います。


◇2年目になってみて仕事の魅力、やりがいは?◇

2年目になり、1年目の時より技術や特色のある救急としての仕事に慣れてきました。

一般病棟より患者様と関わる時間が短く、看護面よりは医療としての処置などが多いこの現場で、自分がどんな看護ができるか?
ということを考えることが多くなり、それがやりがいへと繋がっています。

◇2年後、3年後どのような看護師さんになりたいですか?◇

一番は、笑顔を忘れずどんなことがあっても人に優しい看護師でありたいです。

どんなに忙しくても、嫌なことがあっても、笑顔を忘れてはどんなに良い看護を行っていても伝わらないと思います。

それは後輩の育成にも、良い雰囲気の職場環境にも同じことがいえると感じています。

◇2年後、3年後どのような看護師さんになりたいですか?◇
◇未来の後輩(仲間)に向けてのメッセージ◇

これから看護師になるためにいろいろな試練があると思います。

大変な時期ということもありますが、自分が頑張った成果はいずれ報われます。

素敵な看護師になり、一緒に働きましょう!

1 2 3 4